2/20 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ反発、上げ幅一時100ドル高 中国関連株に買い
  4. 4位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  5. 5位: 小僧寿しの債務超過が解消、19年12月末 資本増強策で
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,368,849億円
  • 東証2部 73,901億円
  • ジャスダック 95,867億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.14倍15.86倍
株式益回り6.60%6.30%
配当利回り1.98% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,400.70 +206.90
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,370 +170

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

株安の伏兵、米競争政策 円高止まれば目先反転も
編集委員 前田昌孝

2019/6/5 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の投資マネーが景気後退に備え始めている。米中摩擦の長期化懸念が漂っているうえ、米国株をけん引してきたIT(情報技術)プラットフォーマーに米司法当局がメスを入れようとしているためだ。投資マネーは「安全」を求めて動き、円や先進国の国債が買われている。大手証券が4日までにまとめた主要企業の2019年度の業績見通しは増収増益と増収減益に分かれた。円高が止まり、株安が収まるかどうか、市場心理はなお不安…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム