定置網の漁獲量、衛星データで遠隔把握 日東製網

2019/6/4 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

漁網メーカーの日東製網は2019年度をめどに、定置網にかかった魚を通信衛星経由で陸上で把握できる魚群探知付きブイの販売を始める。現在は定置網に魚がかかったかどうか確認するため、漁業者が海に出て網を引き上げており、負担になっていた。同社の機器を使えば漁獲状況の確認のため海に出る必要がなくなり、効率的な漁業につながる。

日東製網は18年度、北海道大学や衛星ブイを開発するアイティ企画(埼玉県川口市)な…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]