/

この記事は会員限定です

KDDI、ナビタイムと共同でMaaS事業に参入

[有料会員限定]

KDDIは今夏にも、次世代移動サービス「MaaS(マース)」事業に参入する。経路検索大手のナビタイムジャパン(東京・港)と組み、自治体や民間企業にシステムやデータを提供する。MaaSは、IT(情報技術)を活用し、利便性の高い移動手段を提供するサービス。2社が持つ豊富なデータなどを活用し、観光サービスの向上の需要などを取り込む。

KDDIが持つ約3900万人、ナビタイムが持つ約5100万人の顧客基盤を生かす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン