/

この記事は会員限定です

東京駅周辺にスタートアップが集結 その理由は

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

大手町や八重洲など、東京駅周辺のエリアにスタートアップ企業が相次いで本社や主要拠点を移している。各社の所在地を調べると、人工知能(AI)やフィンテックなど様々な先端技術を開発するスタートアップが入居する7カ所のオフィスビル「七つ星ビル」が見つかった。メガバンクなど大企業の本社が立ち並ぶ「大手の町」に新興企業が集う理由は何か。

「フィンテックのスタートアップ企業が多く入居しており、情報交換できるのが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2633文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン