2019年7月19日(金)

神戸三田キャンパス再編 関学大、理系学部を拡充

大学
関西
2019/6/4 18:32
保存
共有
印刷
その他

関西学院大学は4日、神戸三田キャンパス(兵庫県三田市)の理工学部と総合政策学部について、2021年4月に5学部に再編すると発表した。理、工、生命環境、建築の4学部を新設する。理系学部を充実するのが狙いで、海外の研究者らが研究目的で泊まる施設の新設も検討する。

全体の学年定員は20人減の1300人となる見込み。ただ理系の4学部は計805人と、現在の理工学部の700人より多くなる。

理学部は物理・宇宙学科を設置。電波天文学など宇宙物理学の主要3分野をそろえるのは全国でも珍しいという。総合政策学部はグローバル人材の育成を強化するが、全体では定員を減らす。

神戸三田キャンパスは1995年の総合政策学部開設に始まり、その後、理系学部も移転した。村田治学長は「今後は理系の人材が求められる。イノベーションを起こせる若者を育てたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。