「酒酔い」測定器 娯楽向け強化で若者に訴求

2019/7/22 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年5月21日、東芝メモリと受託製品開発を行うスタッフ(大阪府門真市)は、個人向けアルコール濃度測定器「TISPY2」を発表、クラウドファンディング「Makuake」で先行予約を開始した。複数の人が計測できるモードの強化などで、若い世代にターゲットを拡大し、販売増を狙う。

TISPY2はユーザーの年齢、身長、体重などを登録して使う。アルコールセンサーを搭載し、そこに息を吹きかけることで体内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]