2019年7月20日(土)

市場点描・マーケットの話題)IPO、15連勝でストップ

2019/6/4 20:30
保存
共有
印刷
その他

好調だった新規株式公開(IPO)に黄信号がともった。4日に福岡証券取引所へ上場した大英産業の初値は公開価格を下回り、3月から続いていた「連勝記録」は15で止まった。個別要因はあるものの、相場全体の下落で個人投資家の買い意欲が減退している側面もある。今年も多くのIPOが見込まれるだけに先行きの不安を誘った。

大英産業の初値は1330円で、公開価格(1520円)より13%低かった。初値が公開価格を下回ったのは3月19日に東証2部へ上場したKHC以来となる。大英産業株は初値を下回る1246円で取引を終えた。

大英産業株の公開価格割れは「地方取引所への単独上場で流動性が低いなど、個別要因が大きい」(三菱UFJ国際投信の中川雅嗣シニアファンドマネジャー)とされる。九州地盤の住宅販売会社であり「事業モデルが真新しさに欠け、個人には人気化しにくかった」(国内証券)との指摘もある。

松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリストは「相場全体の下落で含み損を抱えた個人が増えている」といい、企業の成長力や話題性が投資家に精査される局面になったとみる。次は今月12日、ユーピーアールが東証2部へ上場を予定する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。