2019年6月19日(水)

[FT]市場万能主義の見直しを

ラナ・フォルーハー
FT
FT commentators
2019/6/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済学者の評判にはファッションにおけるスカート丈と同様、はやりすたりがある。ここ10年間でケインズが再評価され、ミンスキーも注目を集めている。

そろそろガルブレイスにも光を当てるべきだろう。今は亡きリベラル派経済学者は1952年に著した「アメリカの資本主義」で「拮抗力」という概念を打ち出し、米国でレーガン政権以降の政治経済学を席巻してきた「市場は最も賢明だ」という見方を批判している。今ほど読み直…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラナ・フォルーハー

FT commentators

グローバル・ビジネス・コメンテーター

Rana Foroohar 米国生まれ。米ニューズウィーク、米タイムを経て2017年3月にFTに移る。米IT(情報技術)企業の事業を通じ蓄積した利用者のデータを駆使した事業モデルの在り方に早くから警鐘を鳴らしてきたことで知られる。米外交問題評議会の生涯会員。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

イラスト James Furguson/Financial Times

金融危機が再来する4つの理由(FT)[有料会員限定]

2019/3/28 2:00

ワンマン経営 尽きぬリスク(The Econom...

2018/11/28 2:00

経済学を何から学ぶか[有料会員限定]

2018/11/24付

物価を抑えるネット拮抗力[有料会員限定]

2017/6/16付

ガルブレイス没後10年[有料会員限定]

2016/9/25付
宇沢氏は日本に帰国後は、環境問題や成田空港問題などに関心を深めた

ノーベル経済学賞、受賞を逃した学者たち[有料会員限定]

2014/10/13 20:24

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報