2019年9月23日(月)

ゲノム編集、寿命縮める? 中国双子と同じ変異分析

2019/6/4 14:27
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】中国の研究者がゲノム編集技術を使い双子を誕生させた問題で、改変された遺伝子と同様の変異が先天的にある人は、他の人より寿命が短いとする統計分析の結果を、米カリフォルニア大バークリー校などのチームが3日、米医学誌ネイチャーメディシンに発表した。

中国の研究者はエイズウイルス(HIV)に感染しにくくするために受精卵をゲノム編集したと説明していたが、チームは「(健康上)かなり大きなリスクを伴うことが浮かび上がった」と警鐘を鳴らした。

チームは英国の約41万人のデータを分析。中国の研究者が改変したと主張しているCCR5と呼ばれる遺伝子の変異を両親から受け継いだ人は、76歳に達した割合が他の人より約20%低く、寿命が短い傾向にあると分かった。

同じ遺伝子変異があると、インフルエンザなど別の感染症にかかりやすくなることも過去の研究で知られている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。