海外企業、借金テコに業績拡大 低金利活用し積極投資
信用力評価に危うさ

2019/6/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の有力企業が借り入れを活用して業績も株式時価総額も伸ばしている。低金利で調達した資金で、M&A(合併・買収)や本業への投資、株主還元を強化している。世界の中央銀行の緩和マネーがグローバル企業に流れている構図だ。市場が企業の信用力を評価する機能は甘くなっている側面もあり、危うさを指摘する声もある。

QUICK・ファクトセットのデータから、世界企業が2013年度から18年度までに有利子負債を増や…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]