/

この記事は会員限定です

日本発AIのプリファード、中国ロボット市場攻める

[有料会員限定]

人工知能(AI)開発のプリファード・ネットワークス(東京・千代田、PFN)は日本では数少ないユニコーン(企業価値が10億ドル超の未上場企業)だ。大手メーカーとの連携などを通じてロボット分野では画像認識で実績を重ねる。今後の事業戦略について西川徹社長に聞いた。

――中国は今、国策でAI開発を後押しするなど動きが活発です。今後どう勝ち抜きますか。

「当社はAIと、そのAI技術(ソフト)を使って動く対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

日本経済新聞社は5月30、31の両日、「新たな秩序の模索~混沌を越えて」をテーマに国際交流会議「アジアの未来」を都内で開催しました。

特設ページ プログラム

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン