/

金与正氏も健在確認 3カ月ぶりに姿

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が3日に妹の与正(ヨジョン)氏ら朝鮮労働党幹部とマスゲームを鑑賞したと報じた。与正氏を巡っては韓国紙が先週、2月末の米朝首脳会談が決裂した責を問われ謹慎中だと報じた。粛清説が流れた金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長とともに、金正恩氏の側近の健在ぶりが明らかになった。

朝鮮労働党機関紙「労働新聞」のウェブサイトには、金正恩氏、李雪主(リ・ソルジュ)夫人、与正氏の順で着席しマスゲームを鑑賞する写真が掲載された。ラヂオプレスによると北朝鮮メディアが与正氏の動静を報じるのは、2回目の米朝首脳会談が開かれたハノイから平壌に戻った3月5日以来、約3カ月ぶり。

報道によると、金正恩氏はマスゲーム鑑賞後に担当者を呼び「誤った創作気風と無責任な働きぶり」を厳しく批判した。北朝鮮メディアは6月1日以来、4日連続で金正恩氏の動静を報じている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン