/

この記事は会員限定です

りそなが守る「非常識」 救世主の遺訓

メガバンカーズ(4)

(更新) [有料会員限定]

ダークスーツに白いネクタイ。口元は少しだけほころばせているように見える。フレームに収まった男性の前にたつと、今でも心の中に声が響く。

「銀行の常識は、世間の非常識だぞ」

りそなホールディングス(HD)は総資産59兆円の巨大銀行グループだ。店舗があってATMがあって、融資をする。「3メガ」と呼ばれる三菱UFJフィナンシャル・グループ三井住友フィナンシャルグループみずほフィナンシャルグループとそれほど大きな違いはない。

しかし、銀行界では違うと見られている。

社長室に写真

フレームの中の男性は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4344文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

メガバンカーズ

日本が世界に誇る「メガバンク」があえいでいる。世界に冠たる大企業のはずなのに、最近は就活生の人気すら陰ってきた。そんな大銀行に、今だからチャンスと思い入行した人がいれば、男性たちの中でがんばる女性もいる。そして幹部たちは今、何を見ているのか。「メガバンカーズ」は、それぞれの道を歩み始めた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン