/

この記事は会員限定です

国連本部で「脱プラ」、食器など紙製や金属製に

[有料会員限定]

【ニューヨーク=吉田圭織】国連はニューヨークの本部で使い捨てのプラスチック製品の使用をやめる。すでに本部内のカフェやレストランで提供しているストローやフォークなどを紙製や金属製品に置き換えた。プラスチックごみによる海洋汚染が問題化している現状を受け、世界各国の要人が集まる場で「脱プラ」をアピールする。

4日には国連本部で関連イベントを開き、詳細を発表する予定だ。

国連本部には約6500人の職員が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン