人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書

2019/6/3 21:02
保存
共有
印刷
その他

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。

【関連記事】老後資産の報告書「表現が不適切」 麻生金融相が釈明

金融審議会で報告…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]