/

この記事は会員限定です

金融アドバイザー、独立系に存在感 業界団体設立へ

大手も連携を模索

[有料会員限定]

特定の金融機関に所属しない独立系金融アドバイザー(IFA)の存在感が高まっている。「人生100年時代」を背景に、中立的な立場から資産形成の助言を求める個人の利用が広がってきたためだ。今夏には業界団体が立ち上がる見込みで、個人向け金融サービスの新たな核としてルールの整備に着手する。既存の金融機関もIFAとの連携を模索しており、リテールの勢力図に影響しそうだ。

IFAは従来、ファイナンシャルプランナー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン