東電、EVで電力需給調整 実証実験開始

2019/6/3 19:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングス(HD)は3日、電気自動車(EV)の蓄電機能を電力網の運用に生かす「V2G(ビークル・ツー・グリッド)」の実証実験を三菱自動車などと共同で開始したと発表した。EVやプラグインハイブリッド車(PHEV)を蓄電池として活用し、電力供給の安定性や需給調整の効果などを確かめる。

電力需給の制御システムを基盤とし、EVやPHEVの充放電を行う。実験は2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]