2019年7月21日(日)

独インフィニオン、1兆円で米社買収 車載半導体で世界首位に

エレクトロニクス
ヨーロッパ
北米
2019/6/3 20:00
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】半導体大手の独インフィニオンテクノロジーズは3日、同業の米サイプレスセミコンダクタを90億ユーロ(約1兆880億円)で買収すると発表した。インフィニオンは車載半導体の世界2位で、今回の買収で首位になる。車載や通信に使う半導体に強いサイプレスを傘下に収め、「つながるクルマ」などの成長分野を強化する。

インフィニオンはサイプレスの買収で車載半導体首位をうかがう=ロイター

サイプレスは米ナスダックに上場している。18年12月期の売上高は24億8千万ドル(約2680億円)だった。インフィニオンはサイプレスの既存株主から1株あたり23ドル85セントで株式を買い取る。買い取り価格は、4月15日から5月28日のサイプレスの平均株価に46%を上乗せした水準だ。2019年末か20年初めの買収完了を目指す。

独シーメンスの半導体部門に起源を持つインフィニオンの18年9月期の売上高は76億ユーロだった。同社によると18年の車載半導体のシェアは11.2%で、オランダのNXPセミコンダクターズ(12.0%)に次ぎ、3位のルネサスエレクトロニクス(8.9%)を上回る。サイプレスは売上高の約3分の1が車載向けで、買収によりインフィニオンが車載半導体で首位に立つ。

買収で22年までに年間1億8千万ユーロのコストを削減するほか、長期的には15億ユーロの増収効果があるとしている。

自動車業界では電動化や安全機能の拡充で制御用半導体の需要が高まっている。インターネットに接続して他の車両やインフラと通信する「つながるクルマ」の普及も迫る。

サイプレスは産業機器向けのメモリーや無線LAN向けなど通信向け半導体にも強い。16年には米ブロードコムから、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連事業を買収した。インフィニオンのラインハルト・プロス社長は「(米サイプレスの買収で)リアルとデジタルの世界をつなぐ幅広い商品を提供できるようになる」と強調した。

調査会社のIHSマークイットによると、18年の車載半導体市場は418億ドルだった。25年には655億ドルになると予測している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。