/

この記事は会員限定です

宇都宮のLRTはごみ発電でGO! 市、新電力設立へ

[有料会員限定]

宇都宮市は2022年3月開業予定の次世代型路面電車(LRT)を市内のごみ焼却場で発電した電力で動かす方針だ。市と民間企業の共同出資で設立する新電力からLRT運行会社が電力を購入する。全国で初めて全線新設するLRTを再生可能エネルギーで運行して、環境に優しい乗り物としてアピールする。

ごみ焼却場「クリーンパーク茂原」はごみを燃やした際に出る熱をボイラーに供給し、生じた蒸気でタービンを回して発電してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン