コメ・淡水魚など重点売り込み 長野県の「営業」戦略

2019/6/3 20:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

特産品を売り込む長野県の新組織「営業本部」が特にPRを強化する「重点品目」の内容が3日、わかった。コメ、淡水魚、果物、発酵食品・加工品、ワイン・日本酒、伝統工芸品の6項目になる見通し。県がブランディングやデータ分析、個別業者の販売支援などを手掛け、生産振興につなげる。「少量生産・高品質」などを訴え、国内外の富裕層に売り込む。

営業本部は阿部守一知事を本部長として4月発足した。県庁や外郭団体の職員…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]