/

この記事は会員限定です

首都圏中小の知的財産を守れ 行政、相談や助成で支援

支えろ 中小企業

[有料会員限定]

米中貿易摩擦など主に海外情勢の変化で、日本経済の先行きにも不透明感が漂う。景気の回復基調に乗っていた中小企業にも逆風が吹きかねない状況だ。国内産業の成長に欠かせない中小を支えるには何が必要か。知的財産保護、事業承継、資金繰りにおける首都圏の中小支援を追った。

「なんだこれは!?」。化粧品の販売会社レアナニ(東京・新宿)の増田修司社長は2016年の年末のある日、驚きの声を上げた。

同社はエステサロン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン