2019年9月16日(月)

野菜不足を見える化 キリン堂HDが計測機を導入

2019/6/3 19:23
保存
共有
印刷
その他

キリン堂ホールディングス(HD)は6月中にも野菜や果物の摂取量を手軽に計測できる機器「ベジメータ」を1台導入する。薬局などで開催する健康フェアでの使用を想定。発光ダイオード(LED)の光に指を当てると約10秒で測定できる。野菜の摂取量を見える化し、健康維持や未病に役立ててもらう狙い。

指を当てて10秒待つと野菜の摂取量が数値化される

指を当てて10秒待つと野菜の摂取量が数値化される

「ベジメータ」は中指を機器にあててて10秒静止して使う。測定結果は「ベジスコア」といわれる0から1000の数値で表れる。採血せずに野菜摂取量の把握が可能になり、食事に対する意識の改善につなげやすい。

日本人の野菜の摂取量は350グラム以上が望ましいとされているが日本人の平均野菜摂取量は全世代で目標摂取量を下回っている。「生産体制が整えば1年後をメドに100台の導入を目指したい」(西村弘美男取締役)とし健康維持に役立ててもらう狙い。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。