反ドーピング機関に一斉採用、シスメックスの検査機器

2019/6/3 18:14
保存
共有
印刷
その他

シスメックスは3日、同社製の血液検査機器が世界反ドーピング機関(WADA)の認定・承認施設に一斉採用されることが決まったと発表した。6月から順次、多項目自動血球分析装置「XN-1000」が国内外で全30の分析施設に入る。同社によると測定精度の高さ、全世界で充実した保守管理サービスなどが評価されたという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]