/

この記事は会員限定です

医療機関がサイバー攻撃で情報共有 7月にも組織設立

[有料会員限定]

医療機関などの間でサイバー攻撃の情報を共有する取り組みが立ち上がる。未知のウイルス攻撃などが発見された時、連携して迅速に対策を取る。攻撃を受けて手術がストップするなど人命に関わる事故が起きないようにする。7月にも立ち上げる情報共有組織には全国約80の医療法人などが参加予定。共同出資でセキュリティー部門も運営し防衛体制を強化する。

新たな組織は「情報共有・分析センター」の英語の頭文字を取った「ISA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン