米学会、ファーウェイの活動制限を解除

2019/6/3 18:08
保存
共有
印刷
その他

【広州=比奈田悠佑】米電気電子学会(IEEE)は2日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する同学会での活動制限を解除すると発表した。米政府がファーウェイへの事実上の禁輸を発動したことを受けた措置だったが、米商務省がIEEEでの活動には問題はないと判断したという。

通信関連などの業界団体がファーウェイの活動を一時制限していたが解除する団体が相次いでいる

IEEEは無線通信の規格などを決める標準化団体。5月29日に同学会の刊行物に掲載する論文の査読などファーウェイによる活動を一部制限する声明を出していた。ファーウェイを巡っては半導体分野で米国の規格策定を担う半導体技術協会(JEDEC)やメモリーカードの規格団体であるSDアソシエーションなども同社の活動を一時制限したが、その後解除している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]