18年度の所得税収5.4%増

2019/6/3 18:09
保存
共有
印刷
その他

財務省が3日発表した2018年度の所得税収(一般会計)は4月末時点の集計で19兆8250億円となり、前年同期と比べて5.4%増加した。企業間で支払われる配当が増えたことなどが原因で、18年度の堅調な企業業績を反映した。

18年度の税収全体は5月末で確定するが、所得税収については確定申告を反映した4月末でほぼ固まる。このまま推移すれば、18年度の所得税収は補正予算で見込んだよりも4千億円ほど上振れしそうだ。

4月単月の税収は全体で6兆2157億円で、前年同月から9.7%増えた。所得税は3兆2595億円で20.6%増、法人税は4508億円でほぼ横ばいだった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]