/

この記事は会員限定です

バイオ実験ロボで自動化

培養・創薬…匠の技仕込む

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

遺伝子やたんぱく質などの働きを調べ、科学的な発見や新しい治療薬候補を追い求めるバイオ研究は、細胞培養など地道な作業を日々続ける必要がある。生きた細胞を扱うのは難しく、熟練が求められる世界だ。匠(たくみ)の技をロボットに移植して自動化を目指す取り組みが国内の研究機関で進んでいる。将来、研究のスタイルが大きく変わると期待される。

目の難病患者にiPS細胞を使った世界初の手術を臨床研究として実施した理化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1696文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン