/

この記事は会員限定です

カンボジア深海港 日本勢が関与継続 JICA売却

[有料会員限定]

【ハノイ=大西智也】日本政府が支援してきたカンボジア唯一の深海港の経営に日本の民間企業が本格的に関与することになった。国際協力機構(JICA)は南部にあるシアヌークビル港湾公社(PAS)の全株式を上組に譲渡した。PASが2017年に上場した際に中国政府が株式の取得に動いたため、対抗するためJICAが取得していた。

上組はJICAが持つ全株式11%を取得し、出資比率は約13%になった。PASにはカン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン