最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

投信ニュース

フォローする

5月末の投信残高、「円奏会」が初のトップ5入り

2019/6/6 12:00
保存
共有
印刷
その他

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)で、5月末時点の純資産総額(残高)ランキングは「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(愛称:円奏会)」が初めてトップ5入りした。上位20本のうち前月比で最も残高を伸ばし、前月6位から1つ順位を上げた。

QUICK資産運用研究所がさかのぼって調べたところ、月末ベースでバランス型が残高上位5本に入るのは、2010年7月末に5位だった「財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型」以来で8年10カ月ぶりとなる。前月5位の「新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)」は6位に後退し、月末ベースで2013年1月末以来6年4カ月ぶりにトップ5圏外となった。

上位4本は前月と変わらず、「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」が首位を維持した。上位20本の中で残高の落ち込みが目立ったのは「グローバル・ロボティクス株式ファンド」。基準価格の下落と資金流出が響き、13位の「年2回決算型」と15位の「1年決算型」を合わせて残高が1147億円減少した。

新たに上位20本に入ったのは、バランス型の「スマート・ファイブ(毎月決算型)」で19位。20位には「野村外国債券インデックス Bコース(野村投資一任口座向け)」が返り咲いた。一方、「ロボット・テクノロジー関連株ファンド-ロボテック-」と「ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)為替ヘッジなし」は圏外になった。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

投信ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム