/

この記事は会員限定です

政権交代は想定外 明治以来の不可視の統治構造

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

国会では、内閣が提出した予算や法案を野党が質疑で追及し、首相の安倍晋三らは答弁に追われる。与党は内閣と濃密な事前調整をするので審議は素通り。党議拘束が厳しく、自由な討論は乏しい。これは現代の光景だが、底流には明治・大正期に形成され、新旧憲法の断絶も越えて継承されてきた「不可視の統治構造」がある。しかもこの下で政権交代は想定外だった――。2020年の議会開設130年を前にこう説く研究が出た。

新旧憲法またぐ「三位一体」

この研究は衆院事務局で議院運営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3059文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン