2019年7月19日(金)

メルケル連立政権崩壊も 社民党首辞任、高まる離脱論

ドイツ政局
ヨーロッパ
2019/6/3 11:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤】大連立を支えてきた国政第2党、ドイツ社会民主党(SPD)のナーレス党首の辞任表明で、メルケル政権の基盤が大きく揺らぎ始めた。党勢退潮に歯止めがかからないSPDの党内では、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との連立にこれ以上とどまるべきではないとの声が強まりつつある。SPDが党首交代を機に連立解消に傾けば、メルケル政権は一気に瓦解しかねない。

「政府の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。