萩原朔太郎、卒業時も反骨 旧制中はすに構え記念写真

2019/6/3 11:00
保存
共有
印刷
その他

「日本近代詩の父」と呼ばれる前橋市出身の詩人、萩原朔太郎(1886~1942年)の旧制中学の卒業写真が見つかった。朔太郎の資料を多数収蔵する前橋文学館によると、空襲の影響などで朔太郎の中学時の写真は少なく、卒業写真の発見は初めてという。

 旧制中学の卒業写真の萩原朔太郎(後列右から2人目)=共同

萩原朔太郎の旧制中学の卒業写真を前橋文学館の萩原朔美館長(右)に手渡す永島勇さん(5月16日、前橋市)=提供写真・共同

多くの生徒が正面を向き直立する中、朔太郎は体をはすに構える。朔太郎の孫で同館の萩原朔美館長(72)は「常識にはまらず、反骨精神が表れた貴重な資料だ」と分析する。

代表作に詩集「月に吠える」「青猫」。同館などによると、写真は1906年に旧制前橋中(現県立前橋高)の校舎前で撮影され、卒業生や教員らが整列する。

朔太郎は丸めた卒業証書のような紙を握り、自身のあごに添えている。萩原館長は「他人と違うことをする姿に表現者としての基本意識が既に見て取れる」と指摘した。医師の息子として生まれ、進学校に通うも成績がふるわず、落第して1年間留年した中学への反抗的な感情が出たとの見方も示す。

同市の医師、永島勇さん(85)が今年2月、自宅の物置で、この写真を発見した。同中で朔太郎と同級生だった父の故優蔵さんの遺品だ。

写真下部に「前橋中学校 明治39年卒業生一同」と記載。同館学芸員らが朔太郎が写っていると確認した。優蔵さんは生前、中学時の朔太郎を「勉強もせず、マンドリンを弾いたり町をぶらぶらしたり不良だった」と話していたという。同館は写真の寄贈を受ける予定で、展示を検討する。

同館などによると、朔太郎は00年に同中に入学。歌人与謝野晶子の「みだれ髪」を読むなどし、03年に文芸誌「明星」に短歌が掲載された。級友らと雑誌を発行し、文芸に没頭した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]