2019年7月20日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,466.99 +420.75
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,380 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

7月19日(金)14:20

大日本住友が豪iPS企業に買収提案 約200億円[映像あり]

メルカリ 業績観測報道「戦略的事業へ投資で費用増」

7月19日(金)13:00

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

2万円割れ狙うヘッジファンド

2019/6/3 8:50
保存
共有
印刷
その他

米トランプ政権による、メキシコからの全輸入品に対する5%からの段階的追加関税発動は市場にとって全くのサプライズであった。自動車サプライチェーンなどの実害もさることながら、メキシコとの国境警備問題に関税を「交渉用武器」に使うことが特に不安視されている。

先週金曜のニューヨーク市場ではダウ工業株30種平均は354ドル下げ安値引けであった。週明け3日もダウ平均時間外は3桁の下げとなっている。今晩のニューヨーク株価も続落が懸念される。

今回の株価急落の震源地は債券市場での金利急低下だが、指標となる米10年債利回りは2.13%まで下げ、安全資産としての米国債買い意欲は依然強い。商品市場では原油が52ドル台まで急落。金は心理的節目となる1300ドルの大台を久しぶりに突破した。「恐怖指数」と呼ばれるVIXは18台まであがってきたが、警戒水域とされる20には届いていない。

円高も金曜に1ドル=108.30円台まで急進行して、3日も収まる気配は感じられない。モメンタム(市場の勢い)に乗るCTA(コモディティー・トレーディング・アドバイザー)は、日経平均2万円割れ必至と見て、売り姿勢を強める。

いっぽう、同じヘッジファンドでも中期のポジションをとるグローバル・マクロ系からは、2万円割れを拾う(買う)声も聞こえてくる。中長期的には、2万円割れはオーバーソールド(売られ過ぎ)と見ているからだ。米中貿易摩擦は、悪化しているが、米中からの要人発言次第で、ムードが一変する可能性も秘める。株売りも、うっかり深追いはできない。

ヘッジファンドのなかでは、日本株が「ラスト・フロンティア」との見方もある。欧米・新興国株に比し、いまだ手付かずで、バリュエーションも悪くない、との見解だ。市場の騒々しさのなかで、外国人投資家も短期筋の売りを中長期筋が買い支える構図となりそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。