米中摩擦「供給網への影響を懸念」 地銀協・柴戸会長

2019/6/2 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易紛争の激化など経済環境の変化は、地方経済にどう影響する可能性があるのか。全国地方銀行協会の柴戸隆成会長(福岡銀行頭取)に聞いた。

――地方経済の足元の状況はいかがですか。

「緩やかではあるが、地方も景気回復が長い期間にわたって続いてきた。雇用と所得の改善を受け、個人消費が増えた。設備投資の拡大など内需面が下支えになってきた。株価の上昇もプラスに働いた」

「そういう意味で、アベノミクスの恩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]