2019年8月19日(月)

中国鉄鋼大手2社統合 宝武鋼・馬鋼、首位ミタルに迫る

貿易摩擦
アジアBiz
2019/6/2 18:21
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔】鉄鋼世界2位の中国国有鉄鋼大手、中国宝武鋼鉄集団と同国国有大手の馬鋼集団控股が経営統合する。新会社の年間粗鋼生産量は9千万トン近くに達し、世界トップの欧州アルセロール・ミタルに迫る。米中貿易戦争が激しくなるなか、中国政府は国有鉄鋼大手の統合再編を後押しし、経営改善を推し進める方針だ。

馬鋼集団の上場子会社、馬鞍山鋼鉄の2日の発表によると、馬鋼集団を保有する地元政府の安徽省国有資産監督管理委員会が、馬鋼集団の株式の51%を宝武鋼鉄集団に譲渡する。統合による国際競争力の向上が狙いという。

中国メディアによると、宝武鋼鉄集団の2018年の粗鋼生産量は中国1位の6743万トンで、馬鋼集団は同9位の1964万トン。2社合計は8707万トンで、アルセロール・ミタルの9250万トンに迫る。

世界の鉄鋼業界では、インドのタタ製鉄と独ティッセン・クルップの鉄鋼事業の統合が白紙になったばかり。世界経済の先行きに不透明さが増す中、中国政府は業界再編を進めることで供給過剰を解消し、国際競争力を維持する戦略を描く。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。