新興国インフラ輸出で新ファンド 政府と大手銀

2019/6/3 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が3日にまとめる新しいインフラ輸出戦略の内容が分かった。新興国向けの投資に年金基金などの機関投資家を呼び込むため、国内外の大手銀行と政府系の保険機関が連携する。新設する500億~1千億円規模の複数のファンドを通し、機関投資家がリスクを抑えて投資できるようにする。

アジアやアフリカなど新興国では発電所や港湾といったインフラ整備の需要が大きい。高いリターンを見込んで日本企業も積極的に進出している…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]