日本の10~20代は内向き 留学や海外生活望まず

2019/6/2 17:03
保存
共有
印刷
その他

日本の10~20代は他国と比べて内向き――。内閣府が日本、米国、韓国など7カ国の若者に、留学や外国での生活に関する意識を尋ねた調査でこんな実態が浮かんだ。

日本は、短期を含む留学希望は32.3%、外国に住みたい人は19.4%でいずれの割合も最も低かった。留学をしたいかどうかを聞いても「思わない」の回答が53.2%、「分からない」が14.5%だった。

他国を見ると、留学希望の割合が最も高かったのは韓国で65.7%。米国の65.4%が続いた。

「将来外国に住みたいか」との質問に対し、日本は「一定期間(1年以上)住みたい」と「移民として永住」は計19.4%だった。逆に「ずっと自国に住みたい」が42.7%で最高だった。

内閣府は、国際社会の一員として役割を果たしていくために必要とする「異文化理解力・対応力」が身に付いているかどうかも尋ねた。2020年の東京五輪・パラリンピックで多くの外国人の来日が見込まれるが、日本は理解力・対応力が「十分」と「ある程度」との回答が計29.4%にとどまり、最低だった。

調査は昨年11~12月、日本、韓国、米国、英国、ドイツ、フランス、スウェーデンの13~29歳の男女を対象にインターネットで実施。各国それぞれ千人超から回答を得た。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]