/

この記事は会員限定です

「本気」で思わなければ決してできない

高原豪久 ユニ・チャーム社長

[有料会員限定]

日経電子版の読者の皆様にとって、ガバナンス改革への取り組み事例は非常に関心が強い分野だと思います。私も我が社のガバナンスをより良いものへと進化させるために、他社事例には強い関心を持ち、また様々な機会を通じて学び続けるように心がけています。

また、学んだことについては、我が社の実情に照らしながら導入素案を立案し、「意志決定」に与える影響の大きさを鑑みて株主や取締役会にこれを諮り、いち早く導入するよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2463文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経営者ブログでは、著名な経営者が企業戦略や産業界を取り巻く話題、日常的な発想など幅広いテーマで本音を語ります。 経営、人材育成、会社や組織のあり方、政治や社会問題などをリーダーそして成功者の目線でとらえ、経営者の考え方や役割も学べるコラムです。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン