2019年7月18日(木)

バフェット氏との昼食会、落札額5億円で過去最高に

北米
2019/6/2 11:30
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利をめぐる2019年の慈善オークションが1日までに終了し、落札額は456万7888ドル(約5億円)となった。2012年以来、7年ぶりに過去最高額を更新し、「投資の神様」のカリスマ的人気を改めて知らしめた。オークションで集まったお金は低所得者を支援する団体に寄付される。

バフェット氏との昼食会をめぐる競売は今年で20回目だった=ロイター

バフェット氏との昼食会をめぐる競売は今年で20回目だった=ロイター

バフェット氏との昼食会をめぐる競売は00年から始まり、19年で20回目を迎えた。米オークションサイト「イーベイ」で5月26日から始まった今年の応札は2万5000ドルからスタートし、27日時点で最高応札額が350万ドルを超えていた。終了日前に過去最高の落札額(345万6789ドル)を上回ったため、注目を集めていた。落札者は18年のオークションに続き匿名だった。

バフェット氏率いる米複合企業バークシャー・ハザウェイで上場株運用の一部を任されているテッド・ウェシュラー氏は過去の落札者として知られる。ヘッジファンド創業者としてオークションに参加し、10年と11年に約260万ドルで昼食会の権利を勝ち取った。その縁で12年からバークシャーで働くことになった。バフェット氏の引退後は同僚のトッド・コームズ氏とともにバークシャーの投資運用部門を率いるとみられている。

落札者はニューヨーク市内の老舗ステーキハウス「スミス・アンド・ウォレンスキー」で開かれる昼食会に友人を7人まで招待できる。これまでのオークションで集まったお金は3000万ドルを超え、すべて米カリフォルニア州サンフランシスコの慈善団体「グライド」に寄付されている。同団体は低所得者層向けに無料の食事を提供したり、託児所や放課後プログラムを運営したりしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。