2019年8月17日(土)

AI人材 教員も払底 外国人誘致、産学連携がカギ

2019/6/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本国内で人工知能(AI)の人材育成の遅れが深刻だ。高度な知識を持つ「トップ級人材」だけでなく、将来の研究者や技術者を育てる大学教員らも少ない。米国や中国、インドなどと比べてAI人材の裾野を広げる体制が脆弱だ。政府は2025年をめどに年間25万人を育成する目標で、一定水準の教育内容の講座を国が認定する制度を導入する。企業も足並みを合わせ、官民を挙げた体制づくりを急いでいる。

政府の教育再生実行会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。