/

無人運行の横浜「シーサイドライン」逆走、14人けが

6人が骨折などの重傷

(更新)
「金沢シーサイドライン」の新杉田駅で逆走した車両(1日午後、横浜市磯子区)=共同

1日午後8時15分ごろ、横浜市を走る新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅(同市磯子区)で無人運転の車両が逆走し、車止めに衝突する事故が起きた。神奈川県警磯子署によると乗客14人が負傷、うち6人が骨折などの重傷で、いずれも命に別条はない。同署は詳しい事故の状況を調べ、業務上過失傷害容疑を視野に捜査する。

車両はコンピューター制御の自動運転で、運輸安全委員会は同日、鉄道事故調査官を派遣し、事故当時の運行システムの作動状況などを調べる。国土交通省の担当者によると、新交通システムの逆走事故は過去に例がないとみられるという。

同署や運営会社によると、事故が起きたのは新杉田発並木中央行きの5両編成の車両で時速約6キロで約25メートルを逆走し、駅構内の車止めに衝突した。当時、車内に約30人が乗っていたという。

県警は当初、15人がけがで病院に搬送されたとしたが、2日午前、搬送された人のうち負傷者は14人と明らかにした。

事故後、駅には救急車が次々と駆けつけ、一時騒然とした。担架で運ばれる人が見られ、子どもの泣き声が響いた。運営会社によると、全線運休となり、再開の見込みは立っていない。

運営会社の三上章彦社長は2日未明に記者会見し、「けがをした人が出たことを真摯におわびする」と謝罪し、「原因は調査中」と述べた。

新交通システムは鉄道とバスの中間の役割を担う輸送システムで、空港内でターミナル間を結ぶ交通網などとしても使われている。専用軌道を走り、路面の交通状況に影響されない。シーサイドラインは、新杉田駅から金沢八景駅(同市金沢区)まで約11キロを結び、1989年に開業した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン