/

この記事は会員限定です

アップル時価総額18兆円減 貿易戦争長期化を警戒

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米株式市場が米中貿易戦争の長期化を警戒している。トランプ米大統領がツイッターで対中制裁関税の引き上げを予告してからの約4週間で、中国事業の比重が大きい米アップルは時価総額が約1700億ドル(約18兆円)減った。主要株価指数の構成銘柄でも外需関連株が売り込まれた。メキシコへの制裁関税問題も加わり、楽観論の修正を迫られている。

5月31日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン