2019年8月23日(金)

書斎のゴルフ

フォローする

大型ヘッドドライバーの効率よい飛ばし方(下)

(2/2ページ)
2019/6/24 6:30
共有
印刷
その他

──明らかにヘッドスピードが上がっています。ありがとうございます! 正直に言いますと「床反力の活用」についてはできていないので、これができるようになればまだまだヘッドスピードが上がるということですね。とても希望が持てます。

南田 わずか2時間では無理があります。でも「クラブの性能を最大限に引き出す」に関しては良い感じになっています。ここまで、「アドレス」「バックスイング」「切り返し」「ダウンスイング」「インパクトからフォロー」とスイングを5つに分解して解説を行ってきました。その間いくつかのドリルや実験を行うことにより、「クラブの性能を最大限に引き出す」ことと「床反力の活用」について学んでいただきました。

──よく「クラブに仕事をさせる」と言いますが、その言葉の意味が何となくわかりました。「クラブに仕事をさせる」ためにはクラブの特性を理解していなければならないということですね。理解していないと「引き出す」どころか「邪魔をする」ことになってしまいます。

南田陽平プロは「今の自分に必要な要素を取り入れながらスイングフォームに徐々に改良を加えていけばよいのでは」と話す

南田陽平プロは「今の自分に必要な要素を取り入れながらスイングフォームに徐々に改良を加えていけばよいのでは」と話す

南田 そうですね。特にドライバーはパーシモンからメタル、チタンとヘッドが大型になり、それとともに進化し、現在も毎年のように新しいテクノロジーが生み出されています。一方で我々がその進化に適応できているのかというとなかなか難しい部分があります。プロでもアイアンとのつながりを考えてドライバーを小型のヘッドに変えている人がいます。でも「飛ばしたい」と考えるのであれば、クラブの進化に適応するスイングに見直していくべきだと思います。逆に「ゴルフは飛距離ではない」と思っている方はマッスルバックアイアンのような重心距離の短い、操作性の高いクラブがよいと思います。ここは考え方次第です。「床反力」についてはどうでしたか。

──今まで、「腰の回転」+「体重移動」を特に意識して練習してきたので、正直戸惑いもありますが、シニアになって体力が落ちてきている現状を考えると、このタイミングで本格的なスイング改造を行うべきだと考え始めました。また、「床反力の応用」は難しいですが、大きな飛距離を出すためには重要なので、少しでも長くゴルフを続けるためにも必要なのかもしれません。

南田 クラブの進化、加齢による体力の衰えなどを考えると、いつまでも同じスイングフォームにしがみつくことはできません。ですが、一から全部やり直しだと考える必要もありません。今の自分に必要な要素を取り入れながら徐々に改良を加えていけばよいのではないでしょうか。そのためにティーチングプロがいて、最新機器をそろえたスタジオがあるのです。スイングに迷ったらまたいつでもいらしてください。

(文:並木繁、協力:TAIKANZ GOLF=http://taikanz.jp/golf/)

 みなみだ・ようへい 1986年12月30日、大阪府生まれ。167センチ、62キロ。ライフウェル所属。15歳からゴルフを始め、2014年に日本プロゴルフ協会に入会。ティーチングプロA級取得。TPI認定トレーナー。東京・新宿御苑にある「TAIKANZ GOLF」でレッスンを担当。わかりやすい理論解説で上級者から初心者まで幅広く指導している。

「書斎のゴルフ」公式ホームページはこちら。http://syosainogolf.com/index.html

書斎のゴルフ VOL.42 読めば読むほど上手くなる教養ゴルフ誌 (日経ムック)

出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,404円 (税込み)

誰でもできる「ゴルフ体幹」の鍛え方 日経プレミアシリーズ

出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 918円 (税込み)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

書斎のゴルフをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
アプローチに悩むゴルファーに、吉本巧プロが振るだけでうまく打てる方法を伝授する

 米南フロリダ大学で特待生としてゴルフ部で活躍、日本に帰国後、インストラクターを生業とし、TVなどメディアに登場。現在は独自の理論を構築し、銀座ゴルフアカデミーの主幹として生徒をシングルハンディに導い …続き (8/21)

 デイブ・ストックトンは並外れたパット力を持ってメジャー5勝を挙げた名手。指導者としても、フィル・ミケルソンらのパット力を向上させ、マスターズ優勝などをもたらした。そんなストックトンの教えは、目から鱗 …続き (8/13)

 デイブ・ストックトンは並外れたパット力を持ってメジャー5勝を挙げた名手。指導者としても、フィル・ミケルソンらのパット力を向上させ、マスターズ優勝などをもたらした。そんなストックトンの教えは、目から鱗 …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。