/

大型ヘッドドライバーの効率よい飛ばし方(下)

 体幹トレーニングとゴルフレッスンの融合を目指す「TAIKANZ GOLF」。計測器のデータとビデオの映像で自分のスイングを客観的に知ることができるゴルフスタジオだ。そこの若手実力派インストラクターである南田陽平プロは、クラブの進化に適応した最新のスイング理論に精通しており、米国トッププロのスイング解析にも余念がない。そんなプロにどうしたら飛ばせるようになるのかを聞くと、今時のデカヘッドドライバーならではの効率のよい飛ばし方があるという。それはいったいどのようなものなのか、話を聞き、やってみた!(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.42」から)

(5)インパクトからフォロースイング

南田 最後にインパクトからフォロースイングに関してお話ししましょう。まず、お話ししたいのが力はインパクトで100%使い切りましょう。インパクトからフォローにかけてはクラブが惰性で動いていくイメージです。よくフォローでヘッドを加速させ、左耳でビュッと風切り音を聞けと言いますが、それを意識すると手でフォロースイングをしてしまい、頭がそれにつられて突っ込み、結果としてインパクトでのヘッドスピードが落ちてしまいます。

──まさに私のスイングです。

南田 そうですね(笑)。これを矯正する素振りドリルとしては、インパクトで右手グリップを離し、左手だけでフォロースルーを行う、というものがあります。インパクトで離した右手は手のひらが返って真下を向いていなければなりません。また、頭の位置もインパクト時の位置をキープしています。このドリルはクラブが手から離れて飛んで行ってしまうことがあるので十分注意しながら行ってください。

ダウンスイングし、インパクトの瞬間に右手をクラブから離す。右手が地面を向いていれば、頭は残り、クラブだけが大きく振り出される
 教えてもらったドリルを行ってみる。今までのレッスンを思い出しながら普通の素振りを3回行ってから、4回目にインパクトで右手を離してみた。そうすると右手は体の正面では止まらず、左方向に振られてしまう。頭も右手につられて左に突っ込んでしまう。なかなかうまくいかず10回目くらいでようやく右手が体の正面に残るようになり、同時に頭も突っ込まなくなった。

──このドリルはやる前は簡単そうに思えましたが、やってみると意外と難しいです。

南田 インパクトまでに力を100%使い切っていない証拠です。どうしても右手が強くてフォロースルーでも右手でスイングしています。そのため、右肩が前に振られて、上体が起き上がり、連動して頭も突っ込んでしまっていたわけです。右手が体の正面に残るようになると、フォロースルーで前傾もキープできますし、頭もインパクトの位置に残ります。ダウンスイングのところで行った「床反力の活用」のためには、フォロースルーにかけて前傾を維持したまま左膝を伸ばしていくことを思い出してください。このドリルを行うことで、スエーや上体の起き上がりがなくなり「床反力の活用」による動作も行うことができるようになります。最後に一連の動作を続けて実際にボールを打ってみましょう。

 ブースに立ち、今まで教わった項目を順番に頭の中で復唱しながらアドレスを行う。慎重にテークバックを行い、切り返し、ダウンスイングで沈み込み、インパクトで左膝を伸ばす。1球目は、バックスイングと切り返しはうまくできたが、沈み込みと左膝の伸び上がりのタイミングが合わず大ダフりだった。やはり「床反力」は難しい。何度か素振りを行ったあとに2球目を打つ。今度は沈み込みと伸び上がりのアクションを小さめで行う。ボールがヘッドの先っぽに当たって前に飛んだ。ヘッドスピードは40メートル毎秒だった。3球目は41メートル毎秒、4球目は42メートル毎秒と徐々にヘッドスピードが上がり、10球目には43メートル毎秒に到達した。そこから先のヘッドスピードは頭打ちになり、20球打った平均は42メートル毎秒だった。レッスンを受ける前は平均38メートル毎秒だったので、明らかにヘッドスピードは上がっていた。ただし、ミート率は1.35から1.28に下がっていた。

──明らかにヘッドスピードが上がっています。ありがとうございます! 正直に言いますと「床反力の活用」についてはできていないので、これができるようになればまだまだヘッドスピードが上がるということですね。とても希望が持てます。

南田 わずか2時間では無理があります。でも「クラブの性能を最大限に引き出す」に関しては良い感じになっています。ここまで、「アドレス」「バックスイング」「切り返し」「ダウンスイング」「インパクトからフォロー」とスイングを5つに分解して解説を行ってきました。その間いくつかのドリルや実験を行うことにより、「クラブの性能を最大限に引き出す」ことと「床反力の活用」について学んでいただきました。

──よく「クラブに仕事をさせる」と言いますが、その言葉の意味が何となくわかりました。「クラブに仕事をさせる」ためにはクラブの特性を理解していなければならないということですね。理解していないと「引き出す」どころか「邪魔をする」ことになってしまいます。

南田陽平プロは「今の自分に必要な要素を取り入れながらスイングフォームに徐々に改良を加えていけばよいのでは」と話す

南田 そうですね。特にドライバーはパーシモンからメタル、チタンとヘッドが大型になり、それとともに進化し、現在も毎年のように新しいテクノロジーが生み出されています。一方で我々がその進化に適応できているのかというとなかなか難しい部分があります。プロでもアイアンとのつながりを考えてドライバーを小型のヘッドに変えている人がいます。でも「飛ばしたい」と考えるのであれば、クラブの進化に適応するスイングに見直していくべきだと思います。逆に「ゴルフは飛距離ではない」と思っている方はマッスルバックアイアンのような重心距離の短い、操作性の高いクラブがよいと思います。ここは考え方次第です。「床反力」についてはどうでしたか。

──今まで、「腰の回転」+「体重移動」を特に意識して練習してきたので、正直戸惑いもありますが、シニアになって体力が落ちてきている現状を考えると、このタイミングで本格的なスイング改造を行うべきだと考え始めました。また、「床反力の応用」は難しいですが、大きな飛距離を出すためには重要なので、少しでも長くゴルフを続けるためにも必要なのかもしれません。

南田 クラブの進化、加齢による体力の衰えなどを考えると、いつまでも同じスイングフォームにしがみつくことはできません。ですが、一から全部やり直しだと考える必要もありません。今の自分に必要な要素を取り入れながら徐々に改良を加えていけばよいのではないでしょうか。そのためにティーチングプロがいて、最新機器をそろえたスタジオがあるのです。スイングに迷ったらまたいつでもいらしてください。

(文:並木繁、協力:TAIKANZ GOLF=http://taikanz.jp/golf/)

 みなみだ・ようへい 1986年12月30日、大阪府生まれ。167センチ、62キロ。ライフウェル所属。15歳からゴルフを始め、2014年に日本プロゴルフ協会に入会。ティーチングプロA級取得。TPI認定トレーナー。東京・新宿御苑にある「TAIKANZ GOLF」でレッスンを担当。わかりやすい理論解説で上級者から初心者まで幅広く指導している。
「書斎のゴルフ」公式ホームページはこちら。http://syosainogolf.com/index.html

書斎のゴルフ VOL.42 読めば読むほど上手くなる教養ゴルフ誌 (日経ムック)

出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,404円 (税込み)

誰でもできる「ゴルフ体幹」の鍛え方 日経プレミアシリーズ

出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 918円 (税込み)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン