2019年7月24日(水)

携帯値下げの新プラン開始 ドコモとKDDI

携帯料金見直し
ネット・IT
2019/6/1 16:45
保存
共有
印刷
その他

携帯電話の料金値下げ競争が本格的に始まった。NTTドコモKDDIは1日、通信料を最大で4割引き下げる新たな料金プランの提供を始めた。携帯ショップは来店客でにぎわいを見せたが、過去の料金変更時と比べると利用者の反応が鈍いとの声もある。携帯代金は自らに合ったプランを消費者が選ぶ必要があり、通信各社には丁寧な説明が求められる。

ドコモは1日から新たな通信料金プランの提供を始めた(横浜市の「ノジマ トレッサ横浜店」)

ドコモは1日から新たな通信料金プランの提供を始めた(横浜市の「ノジマ トレッサ横浜店」)

家電量販店「ノジマ トレッサ横浜店」(横浜市)では1日、通信料金の変更手続きなどで来店した客でにぎわった。同店で最新機種を購入し、ドコモの新料金プランを申し込んだ川崎市に住む34歳の男性は「月々の支払いが1千円くらい安くなりそうだ」と話した。

ただ、すぐ通信契約を切り替えない消費者も多いようだ。ドコモは5月下旬から新料金の予約を受け付けている。5月末までの予約件数や前回大規模に料金プランを変更した2014年との違いは「非公開」(ドコモ広報)とするが、約1カ月で500万人が申し込んだ前回と比べ「今回は初速は鈍くなるだろう」(ドコモ関係者)との指摘がある。

「ドコモショップ」を運営する大手代理店の店員は「5月末にかけて端末購入の駆け込み需要があり、前年比で1割近く販売が伸びていた」と話す。

今秋から携帯電話端末と通信サービスが別々に契約できる「分離プラン」が導入され、通信料金と端末代金をセットで割り引く手法が禁じられる。ドコモは1日から新たな料金プランで分離プランを全面導入したが、5月末まで新端末を購入すると携帯代を最大24カ月割り引くサービスの申し込みを受け付けてきた。

この実質的な端末値引きが適用されている利用者は割り引きが終わってから新料金に切り替えた方がお得感がある場合が多い。ドコモはこうした利用者に対し「順次切り替えてもらいたい」という。

KDDIも1日から新料金プランの受け付けを始めた。データ使用量1ギガ(ギガは10億)バイトまでを対象に、月額1980円から利用できるプランやデータ使い放題のプランなどを提供する。

KDDIは今回、17年7月に分離プランを導入した際と比べ料金体系を大きく変えていない。同社の関係者は「分離プランと通信料の値下げは他社に先駆けてやってきた」といい、新料金プランへの移行には時間を要するとみている。申し込み状況についてKDDI広報は「1日から受け付け開始のため、開示できる情報はない」としている。

今秋に参入する楽天の存在も、消費者が現在利用する通信会社との契約をすぐに切り替えるべきか判断しにくくしている。楽天が破格の通信プランを打ち出してきた場合「一定数の顧客の流出は避けられない」(携帯大手幹部)。

ドコモやKDDIは楽天が料金プランを出す前に値下げすることで、安さを印象づけて利用者を囲い込みたい考えだ。お得なプランは何か、本当にいま通信プランを変更すべきなのか。利用者一人ひとりに対して明確な判断材料を示すことが求められる。

(今井拓也、桜井芳野)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。