/

聖火リレーのユニホームお披露目 「たすき」モチーフ

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は1日、五輪聖火リレーでランナーが着用する公式ユニホームを発表した。白地に赤色の「たすき」をモチーフした模様を左肩から右腹にかけてデザイン。胸元や背中には「TOKYO2020」の文字や五輪マークをあしらった。

半袖と長袖、半ズボンと長ズボンをそれぞれ用意し、ペットボトルをリサイクルした素材を約15%使う。監修したデザイナーの尾花大輔さんは「世界と人々の思いを『つなげるたすき』という大きな意味を込めた」とコメントした。

1日の関連イベントに出席した公式アンバサダーで女優の石原さとみさんは「たすきの斜めのデザインがおしゃれ。ユニホームがほしいという気持ちが応募を後押ししてくれれば」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン