2019年6月17日(月)

南海トラフ地震、「事前避難」に悩む西日本の自治体

関西
社会
2019/6/1 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

南海トラフ地震の防災対策推進基本計画が31日、修正された。最新の想定死者数は建物の耐震化率の向上で、2013年に比べ3割減の23万1千人。目標には届かない自治体も少なくない。さらに、東西に広がる震源域の片側で「半割れ」が発生した場合の対応も新たな課題に浮上。住民に避難をどう呼びかけ、減災を進めていくのか。自治体の苦慮は続く。

自治体を悩ませているのが、震源域の半分でマグニチュード(M)8級の地震…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報