/

この記事は会員限定です

南海トラフ地震、「事前避難」に悩む西日本の自治体

[有料会員限定]

南海トラフ地震の防災対策推進基本計画が31日、修正された。最新の想定死者数は建物の耐震化率の向上で、2013年に比べ3割減の23万1千人。目標には届かない自治体も少なくない。さらに、東西に広がる震源域の片側で「半割れ」が発生した場合の対応も新たな課題に浮上。住民に避難をどう呼びかけ、減災を進めていくのか。自治体の苦慮は続く。

自治体を悩ませているのが、震源域の半分でマグニチュード(M)8級の地震が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン