シノプシスもファーウェイ取引停止
半導体設計ソフト

2019/5/31 22:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=鄭婷方、黎子荷】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の半導体開発に逆風が強まっている。米国政府の取引禁止措置を受け、半導体設計支援ソフト大手の米シノプシスがファーウェイとの取引を停止したことがわかった。同社は一般の知名度は低いが、この分野の標準を握る有力企業だ。半導体の設計に支障が出る可能性がある。

事情を直接知る複数の関係者によると、同社は自社の従業員に対し、顧客であるファーウ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]