アルピコHD、最終黒字に 19年3月期

2019/5/31 20:06
保存
共有
印刷
その他

アルピコホールディングス(HD、長野県松本市)が31日発表した2019年3月期の連結決算は、最終損益が4億9000万円の黒字(前の期は9億7200万円の赤字)だった。スーパー事業が好調だったほか、前の期に計上したホテル事業での減損損失の影響がなくなり、黒字転換した。

売上高は前の期比2%増の1002億円で、初めて1000億円の大台を超えた。JR松本駅前で開業したホテルやスーパー、高速バス事業がけん引した。

同社は非上場。曲渕文昭社長は同日の記者会見で、株式上場について「準備を進めている。マーケットの状況、投資家のニーズなどを見ながらタイミングを図っていきたい」と意欲を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]