甲府市とクロスフォー、災害時の避難所確保で協定

2019/5/31 19:59
保存
共有
印刷
その他

甲府市は災害時の避難所を確保するため、宝飾品製造のクロスフォー(同市)、同市国母地区の自治会連合会の3者で協定を結んだ。地震や水害など大規模災害が発生した際、同地区にあるクロスフォー本社の敷地や建物を住民が一時避難所として利用できるようにする。同社は今後、定期的に自治会と協議して食料や水の備蓄方法などを検討し、共同で防災訓練を実施する。

甲府市はこれまでに、同様の協定を12の企業・病院・団体と結んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]